“夜漁”の読み方と例文
読み方割合
やりょう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
平助は正覚坊を連れて、投網で夜漁やりょうに出かけました。すると何しろ正覚坊が魚を追い廻して来てくれますので、そこの所へ投網を打つと、はいることはいること、またたくまに持ちきれないほど取れました。
正覚坊 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)