“夜汐”の読み方と例文
読み方割合
よしほ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「廿六日。晴。今暁岡寛斎出府乗船之処、夜汐よしほに延引之由、再行飲。」寛斎は壬申九月二十六日の夜福山を発して東上したのである。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)