“夜宴”の読み方と例文
読み方割合
やえん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この横地半九郎の屋敷に、夜宴の最中、いつの間にかはいりこんで屏風のかげにんでいた神尾喬之助、妙ないい方だが……この神尾喬之助は、神尾喬之助ではなく、正しく茨右近だ。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
すでに夜宴の場所には唄も囃子もありません。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「おとといの晩な。初春の夜宴の席で」
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)