“売笑婦”の読み方と例文
読み方割合
ばいしょうふ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかしこの雑誌社から発行する雑誌に憎悪侮蔑とを感じていた彼は未だにその依頼に取り合わずにいる。ああ云う雑誌社に作品を売るのは娘を売笑婦にするのと選ぶ所はない。
十円札 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
(実際またありふれているとすれば、それだけになおさら恐ろしいじゃないの?)名前は結婚って云うけれども、ほんとうは売笑婦に身を売るのと少しも変ってはいないと思うの。
文放古 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
ついでに蟹の死んだ、蟹の家庭はどうしたか、それも少し書いて置きたい。蟹の妻は売笑婦になった。なった動機は貧困のためか、彼女自身の性情のためか、どちらかに判然しない。
猿蟹合戦 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)