“墓碑銘”の読み方と例文
読み方割合
ぼひめい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それから十九年の後パリの墓地に葬られたショパンの遺骸に振りかけられ、墓碑銘に「彼はパリに葬られたれども、ポーランドの土に眠る」
楽聖物語 (新字新仮名) / 野村胡堂野村あらえびす(著)
迷亭は笑いながら「まあその墓碑銘と云う奴を見せ給え」と原稿を取り上げて「何だ……空間に生れ、空間をめ、空間に死す。空たり間たり天然居士」と大きな声で読みる。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
われら同志の撰びたる墓碑銘は左の如し
(新字旧仮名) / 石川啄木(著)