“塾長”の読み方と例文
読み方割合
じゅくちょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ばかにしてやがる、塾長があんな風だから弟子共までろくなものがない、あん畜生! チビのやつ、どこへいったろう」
ああ玉杯に花うけて (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
「この方は、塾長先生の奥さんです。期間中は、あなた方のお母さん代わりをしていただく方なんです。」
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
新入生は、緒方先生入門料をおさめますが、そのとき塾長諭吉にも、いくらかのおをもってきます。新入生が四、五もあれば、ちょっとした金額になります。