“国釁”の読み方と例文
読み方割合
こくきん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかしながら徳川氏の平和政策はこの新興の強国と国釁を開く事を恐れて、断然たる措置に出ずる事が出来なかったのであります。
琉球史の趨勢 (新字新仮名) / 伊波普猷(著)