“因果律”の読み方と例文
読み方割合
いんがりつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
(この場合には(一)におけるごとく人間を純感覚物と見做さないのである)あらかじめ吾人の予想した因果律と一致するか
文芸の哲学的基礎 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
陽気で無邪気なかの女はまた、恐ろしく思索好きだ。思索が遠い天心か、地軸にかかっている時もあり、優生学や、死後の問題でもあり、因果律や自己の運命観にもいつかつながる。
かの女の朝 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
柹と赤茄子の例はもっとも簡単なものでありますが、もう少し複雑になると、このはあなるほどだけで一篇の小説ができます。(因果律を発揮した場合)。
創作家の態度 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)