“喧聒”の読み方と例文
読み方割合
けんかつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
遊舫、漁浦ノ笛モ遠ケレバ自ラ韻アリ。寺鐘、城鼓モ遠ケレバマタ趣キナキニアラズ。蛙声ノ枕ニ近クシテ喧聒ヘザルガ如キモ、隔ツレバ則チ聴クベシ。大声モト聴クニ悪シ。
向嶋 (新字新仮名) / 永井荷風(著)