“問津館”の読み方と例文
読み方割合
もんしんくわん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
試に榛軒詩存に就いて、年号干支あるものを求むるに只榛軒が此秋問津館にあつて詩を賦したことを知るのみである。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)