“唖川”の読み方と例文
読み方割合
おしがわ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ええ。そうらしいんですよ。唖川家は大変な騒ぎらしいんですよ。今出て来た三太夫の慌て方といったらなかったわ」
超人鬚野博士 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
二年に前外務大臣唖川伯爵の令息で、唖川歌夫という外務省情報部勤務の青年と婚約が出来ているのが、父親山木混凝土氏の疑獄事件で、そのままになっているという。
超人鬚野博士 (新字新仮名) / 夢野久作(著)