“唖々子”の読み方と例文
読み方割合
ああし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
呉穀人が訪秋絶句に曰く、豆架瓜棚暑不長。野人籬落占秋光。牽牛花是隣家種。痩竹一茎扶上墻と。わが友唖々子に句あり。
偏奇館漫録 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
わたくしが亡友井上唖々子相携えて散策の途次、始めてこの陋屋の門を叩いたのは大正八年の秋も暮れ行く頃であった。
枇杷の花 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
これ去年癸亥七月十二日わが狎友唖々子井上精一君が埋骨のところなり。門に入るに離々たる古松の下に寺の男の落葉掃きゐたれば、井上氏の塋域を問ふ。
礫川徜徉記 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)