“哨戒隊”の読み方と例文
読み方割合
しょうかいたい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その江岸の哨戒隊がある日、蜀の一兵を捕えて、水軍の都督部へ引っぱって来た。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ガリ版刷の「哨戒隊報告」を拡げて読み出した。
空襲葬送曲 (新字新仮名) / 海野十三(著)
ここはまだ山腹の沓掛の部落である。僅か十数戸の山樵や炭焼の小屋があるにすぎない。にもかかわらず、中軍の警戒は甚だきびしく、の方にも、過ぎて来た道の方にも忽ち哨戒隊が配置された。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)