“哨戒機”の読み方と例文
読み方割合
しょうかいき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
後に分かったことであるが、丁度その時刻と思われる深夜のこと、或る哨戒機が、夜空に虹のように懸っている薄紫の光の橋を見たそうである。その下端は、たしかに海面に達していた。
地球発狂事件 (新字新仮名) / 海野十三丘丘十郎(著)