“古玩”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こぐわん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“古玩”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
古玩こぐわんを愛する天下の士より見れば、恐らくは嗤笑しせうまぬかれざるべし。
わが家の古玩 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
当来の古玩こぐわんの作家を有するは或は古玩を有するよりも多幸なる所以ゆゑんなり。
わが家の古玩 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)