“古椿”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ふるつばき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“古椿”を含む作品のジャンル比率
文学 > 英米文学 > 英米文学4.8%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そうして、それはやはり日本の化け物のようでもあるが、その中のあるものたとえば「古椿ふるつばき」や「雪女」や「離魂病」の絵にはどこかに西欧の妖精ようせいらしい面影が髣髴ほうふつと浮かんでいる。