“取越苦労”の読み方と例文
旧字:取越苦勞
読み方割合
とりこしぐろう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ああ、いつか次郎坊が毀れた時もしやと取越苦労をしたっけが、その通りになったのは情け無いと、太郎坊を見るにつけては幾度となく人には見せぬをこぼした。
太郎坊 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
僕に云わせると、恐れないのが詩人の特色で、恐れるのが哲人の運命である。僕の思い切った事のできずにぐずぐずしているのは、何より先に結果を考えて取越苦労をするからである。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
母も主人の健康の思わしくない時などは取越苦労をなすって、いつかは
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)