“劉岱”の読み方と例文
読み方割合
りゅうたい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
用いて、劉岱を生捕ったし、いままた、兵法にかなった妙計をわしへ告げおる。——よかろう、汝の存分に、曹操の先鋒を討ち砕け
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「玄徳の相手として、劉岱、王忠のふたりでは、智力ともに不足です。誰かしかるべき大将をもう一名、後から参加させてはどうですか」
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
東郡の喬瑁と、刺史劉岱とが、またぞろ洛陽の陣中、兵糧米の借り貸しか何かのつまらないことから喧嘩を起し、劉岱はふいに夜中、相手の陣営へ斬りこんで
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)