“刺戟剤”の読み方と例文
読み方割合
しげきざい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
稍々役立つには役立つたが、此の無恋の、此の落寞たる心もちをすには、もう役立ちさうもなく見えて、何か変つた刺戟剤を、是非必要としてゐたんだ。
良友悪友 (新字旧仮名) / 久米正雄(著)