“刺戟強”の読み方と例文
読み方割合
しげきづよ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのうちに昼間見た土手の松並木だけが一際黒ずんで左右に長い帯を引き渡していた。その下にの砕けた白い泡が夜の中に絶間なく動揺するのが、比較的刺戟強く見えた。
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)