“感電刺戟”の読み方と例文
読み方割合
かんでんしげき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
途端に身体に感ずる感電刺戟執事矢口が呼んでいるのだった。さてはいよいよお待ち兼ねのお客様であるか。寝床をヒラリと飛び下ると、直ぐ左手の衣裳室へ突進した。——二分間。
空中墳墓 (新字新仮名) / 海野十三(著)