“猟奇的刺戟”の読み方と例文
読み方割合
りょうきてきしげき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「つまりカンニングという猟奇的刺戟がないと、本気になれないらしい。変な癖だけれど、それを効果的に利用していたんだから、ナカ/\隅に置けない人間だと思う」
合縁奇縁 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)