“切柄”の読み方と例文
読み方割合
きりづか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
松倉十内は、何か思い直したように切柄をかけた白鞘の脇差から手を離した。