“円盆”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
まるぼん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“円盆”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
酒井家の説によると、家康の祖父清康が岡崎にゐた頃いくさがあつた。酒井家の主人は気の利いた男だと見えて、円盆まるぼんに勝栗を盛つて主人の前へ差し出した。