“六角形”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ろっかくがた100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“六角形”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
この手水鉢はいつ誰が持って来たとも知れず、裏庭のすみころがっていたのを、引越した当時植木屋に命じて今の位置に移させた六角形ろっかくがたのもので、その頃はこけが一面にえて、側面に刻みつけた文字もんじも全く読めないようになっていた。
硝子戸の中 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)