“八木節”の読み方と例文
読み方割合
やぎぶし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ラジオの放送のおかげで、始めて安来節八木節などというものを聞く機会を得た。
柿の種 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
が二、三カ所人集りがあった。その輪のどれからか八木節の「アッア——ア——」と尻上りに高くひびく唄が太鼓といっしょに聞えてきた。乗合自動車がグジョグジョな雪をはね飛ばしていった。
雪の夜 (新字新仮名) / 小林多喜二(著)
浅草の八木節さへや悲しくて都に百日あけくれにけり
つゆじも (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)