兄哥あにや)” の例文
、黙って漕げ、何ともするもんじゃねえッて、此家兄哥が、いわっしゃるで、どうするもんか。おらんでな、とその火を見てやった。
海異記 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
何も済まねえッてアありやしねえだ。よう、さん、お前に寒かったり冷たかったり、辛い思いさ、さらせめえと思うだから、兄哥がそうして働くだ。
海異記 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
平胡坐でちょっと磁石さ見さしつけえ、此家兄哥が、漕げ、といわしったから、何の気もつかねえで、船で達者なのは、おらばかりだ、おっとまかせ。
海異記 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)