“信号柱”の読み方と例文
旧字:信號柱
読み方割合
シグナル100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二町許りも構内の木柵に添うて行くと、信号柱の下で踏切になる。小川家へ行くには、此処から線路伝ひに南へ辿つて、松川の鉄橋を渡るのが一番の近道だ。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
かの野辺よ、信号柱断頭とかがやき
第二邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
信号柱のちさき
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)