“伊佐戸”の読み方と例文
読み方割合
いさど100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
伊佐戸の町の、電気工夫のぁ、山男に手足ぃ縛らへてたふうだ。」といつかかの話したが、はっきり耳に聞えて来ます。
種山ヶ原 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
伊佐戸の町の、電気工夫ぁ、山男に手足ぃらえてたふうだ。」といつかかの話した語が、はっきり耳に聞えて来ます。
種山ヶ原 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
伊佐戸の町の電気工夫のむすこぁ、ふら、ふら、ふら、ふら、ふら、」とどこかで云ってゐます。
種山ヶ原 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)