“今道心”の読み方と例文
読み方割合
いまどうしん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
御承知の通り、本所は堀割の多いところですから、堀と云ったばかりでは高野山で今道心をたずねるようなもので、なか/\知れそうもありません。
三浦老人昔話 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
若い今道心は、戸口の光に射られると、しげに顔をあげた。それは、本位田又八なのである。
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
枯草の上に腰かけながら一人の今道心を読んでいる。