“今橋筋”の読み方と例文
読み方割合
いまばしすぢ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
平八郎は格之助、瀬田以下の重立つた人々を呼んで、手筈に取り掛かれと命じた。北側の今橋筋には鴻池屋善右衛門、庄兵衛、同善五郎、天王寺屋五兵衛、平野屋五兵衛等の大商人がゐる。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)