“仇男”の読み方と例文
読み方割合
あだしおとこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ある朝、此頃静子が次第に自分を訪れる事がくなって来たので不安を感じていた支倉は、能勢弁護士から彼女が仇男を持った事を聞くと、みる/\憤怒の形相となり、ハッタと能勢氏を睨みつけた。
支倉事件 (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)