“仇波”の読み方と例文
読み方割合
あだなみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
寄せては返す仇波が、月の色を砕いて、おきまりの金波銀波を漂わせつつ、極めて長閑に打たせていたのですが、陸なる紅の炎を見ることに、心の全部を吸い取られた茂太郎は、今し
大菩薩峠:31 勿来の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)