“仄昏”の読み方と例文
読み方割合
ほのぐら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
谷間の山壁に押しこめられたやうな、階段の下の仄昏い土間に立つて、富岡は矢庭におせいを抱いた。
浮雲 (新字旧仮名) / 林芙美子(著)