“人神牛首”の読み方と例文
読み方割合
じんしんぎうしゆ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
支那では人神牛首神農氏赭鞭を以て草木をち、初めて百草をめて、医薬を知つたといひ、希臘ではアポローの子、エスキユレピアスが
毒と迷信 (新字旧仮名) / 小酒井不木(著)