“京扇”の読み方と例文
読み方割合
きょうおうぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私たちはむしろそういう著名なものに、京都の仕事のよさを求めるより、もっと小さな規模の色々な細工ものに、それを見出すことが出来るように感じます。例えば京扇の如きを挙げましょう。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)