“京壁”の読み方と例文
読み方割合
きょうかべ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
京壁の冷たい屋造作がいとど寒い肩をすぼませて足の裏から床冷えを感じてくる。
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)