“亥之吉”の読み方と例文
読み方割合
いのきち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「提灯屋なら亥之吉だろうが、亥之公なら片門前から神明金杉、ずっと飛びましては土器町、ほい、こいつあいよいよ勘弁ならねえ。」
わたくしはまた鉄心の紀行『亦奇録』について、横山湖山の長男亥之吉があたかもこの時毅堂の家にあって勉学していた事を知り得た。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
而して最早師匠の手を離れて独立して居る按摩の亥之吉間借りして住む可く東京へ往って了うた。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)