“五箇庄”の読み方と例文
読み方割合
ごかのしょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
球磨郡四浦村の吉という木挽が、かつて五箇庄の山で働いていた時に、小屋へ黙って入ってきた髪の毛の長い女などは、にこにことしてしきりに自分の乳房をいじっていた。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
肥後五箇庄と並んで、山中の隠れ里として有名であった阿波祖谷山などは、小民の家はみな竹ので、あの頃はまだ夏冬を通して、このタフを着て住んでいるという話であった。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
五箇といえば何人もまず肥後の五箇庄を思うが、それ以外にもなおたくさんの同名の地はあって、多くはえらい山中である。麦屋踊りで知られた越中五箇山にも、やはり平家谷の伝説がある。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)