“五浦”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いづら66.7%
いずら33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“五浦”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 諸芸・娯楽 > 茶道12.5%
哲学 > 東洋思想 > 日本思想0.7%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
二十歳前に上京してからは、故郷の踊りも他所の踊りも見る機会は全くなくなつたのであつたが、ある年、——今から十数年前に、常陸の国五浦いづらの浜で、珍しい盆踊りを見た。
月を見ながら (新字旧仮名) / 正宗白鳥(著)
こうした異郷の空のほとんど定期になった半歳の間、ドクタ・ビゲロ、ミセス・ガードナその他の新旧の友人からの心づくしの数々にかかわらず、感傷に満ちた兄は、その動きやすい詩心に、本国の思い出も深く、五浦いづら釣小舟つりおぶねさては赤倉あかくらのいで湯のことを、いかになつかしく思い浮かべたことであろう。
茶の本:01 はしがき (新字新仮名) / 岡倉由三郎(著)
先生がインドにおいてどういうふうに独立を鼓吹したか、あるいは美術院の画家たちにどういうふうに霊感を与えたか、さらにまた五浦いずらの漁師たちをどういうふうに煽動して新式の網を作らせたか。
岡倉先生の思い出 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)