“了庵”の読み方と例文
読み方割合
りょうあん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もし尼がわが願いをかなえてくれるならば、湯火を辞せずと約束した。——数日の後、了庵の上堂に、一山の大衆が雲集した。
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
兄の了庵について、禅門に入った。佳麗な比丘尼は、清楚な梅みたいに鎌倉中の山門を色めかせたにちがいあるまい。
美しい日本の歴史 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
了庵か。ひと筆、持ってくれい」
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)