“乳下”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ちちした100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“乳下”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
これはおかしいと更に解剖をすすめたところ、遂にふみ子の死因が、短刀による心臓部しんぞうぶ刺傷ししょうであると判断せられていたのは大間違いで、実は高圧電気による感電死であり、その高圧電気は、ふみ子の乳下ちちした
電気看板の神経 (新字新仮名) / 海野十三(著)