“下司女:げすをんな” の例文
“下司女:げすをんな”を含む作品の著者(上位)作品数
北原白秋1
芥川竜之介1
“下司女:げすをんな”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
広庭の所々には、新しく打つたらしい杭の上に五斛納釜ごくなふがまを五つ六つ、かけ連ねて、白い布のあをを着た若い下司女げすをんなが、何十人となく、そのまはりに動いてゐる。
芋粥 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
ここにかの三味線弾きの下司女げすをんな寒げに坐り、
浅草哀歌 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)