“三蓋菱”の読み方と例文
読み方割合
さんがいびし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「麻の切れはし……三蓋菱のご紋がついております……これには泥も血もついてはおりませんが」
亡霊怪猫屋敷 (新字新仮名) / 橘外男(著)
主将耕雲斎は「奉勅」の旗を先に立て、三蓋菱の馬印を立てた百人ばかりの騎兵隊がその前に進み、二百人ばかりの歩行武者の同勢は抜き身の鎗でそのあとから続いた。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
それは見台をわきにした座像で、三蓋菱羽織の紋や、簡素な線があらわした着物の襞襀にも特色があったが、ことに、その左の手をいだ形に置き、右の手で白扇をついたこそは先師のものだ
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)