“一笠一杖”の読み方と例文
読み方割合
いちりゅういちじょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もともと一笠一杖ですむ僧の生涯に、なんで地位だの官位だのと、そんなわずらわしいものを、求めたり、持たせられたり、するのだろうか。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
といふ一句を吾家の門扉に付して家を出で法体となりて一笠一杖に身を托し、名勝旧跡を探りつゝ西を志す事一年に近く、長崎路より肥前唐津に入り来る。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「ところが、その友松どのは、今朝起きてみますと、もうおりませぬ。兵と共に起き出て、まだ夜も明けぬうち、一笠一杖の気軽さ、飄乎として立ち去ったものとみえまする」
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)