“ライオン”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:らいおん
語句割合
獅子62.5%
25.0%
雷音12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其昔、大理石で畳んだ壮麗なる演戯場の桟敷から罪なき赤手の奴隷——完たき『無力』の選手——が、暴力の権化なる巨獣、換言すれば獅子ライオンと呼ばれたる神権の帝王に対して、如何程の抵抗を試み得るものかと興ある事に眺め下した人々の目付めつき、その目付も斯くやあつたらうと、心の中に想はるる。
雲は天才である (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
そこには、拳銃ピストル使用の許可証と同時に、丁抹内務大臣によって下付される、王冠と獅子ライオンと白鳥を組み合わせた銀の小型の探偵章が、燦然さんぜんきらめいている。
グリュックスブルグ王室異聞 (新字新仮名) / 橘外男(著)
わけえ時にゃえ教育を受けたんで、その気になれぁ書物みてえにちゃんと立派にしゃべれるんだ。それからつええぞ、——獅子ライオンだってのっぽのジョンのそばあたりにもよれやしねえんだぜ! 己は、あの男が四人の者と取っ組み合って、其奴そいつらの頭を叩き合したのを見たことがある。
私がそこを訪問した時、それは事実上の選挙の何日か前であったが、工場の壁には、モスクワ市ソヴェトと、それよりも重要性の少いライオンソヴェトへの、選出を求める候補者たちの、二つの人名表が掲げられてあった。そこには又、選出せられたメンバーが、死亡又は他の任務のために、長期に亙って欠席する際に、その代りとなるべき『代理人』の名をつらねたもっと短い人名表もあった。
この建物の管理委員会からライオンの管理委員会への代表が選定された。
道標 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
新しい管理法では、ライオンの住宅委員会が各町々の住宅を綜合して管理することになった。
道標 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
達磨のやうな顔で、雷音ライオンといふ仇名だつた。
淡雪 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)