“プール”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
50.0%
池水25.0%
淫売25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
水の落ちてゆくプールの周囲に、いろいろな植物が生い繁っているのを見ると、大きい木の葉や、美しい花の営養には、十分なる水分の供給が大切であるように思われた。
ほんとうは、開墾地へ水を送るために作ったんですけれど、向うにもプールがあって……水の上をくだれるようにって、半分はウォーターシュート用の娯楽に作ってありますの。
墓が呼んでいる (新字新仮名) / 橘外男(著)
花は空中に輝き、それが池水プールの底に映じて再びきらきらと照り返すと、池の水はその強い反射で、色のついた光りを帯びて溢れ出るようにも見えた。
斯うした学生町の安下宿にくすぶらなくては本統のパリは解らない。上等なホテルに泊って、凱旋門エトワールを拝んで、淫売プールを買うなんざあお上りさんの定石だぜ。
二人のセルヴィヤ人 (新字新仮名) / 辰野隆(著)