“プラットフォーム”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
歩場33.3%
歩廊33.3%
歩廓33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
荒「その時も起ちかけると又見えなくなつて、それから切符を切つて歩場プラットフォームへ入るまで見えなかつたのじやが、入つて少し来てから、どうも気になるから振返つて見ると、そばの柱に僕を見て黒い帽をつとる者がある、それは間よ。帽を揮つとつたから間に違無いぢやないか」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
風呂敷包のなかには書きためた詩と、あたらしい原稿紙の幾帖かがあるきり、外に荷物なぞはなく、ぶらりと歩廊プラットフォームに出たときに眼にはいつたものは、煤と埃でよごれた煉瓦の色だつた。
洋灯はくらいか明るいか (新字新仮名) / 室生犀星(著)
「もし/\鳥渡ちょっと待って下さい。」と泉原は数間離れたところから夢中で声をかけたが、三人連は振返りもせず、そのまゝ歩廓プラットフォームを歩いていった。
緑衣の女 (新字新仮名) / 松本泰(著)