“コウキン”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:こうきん
語句割合
公瑾50.0%
紅錦50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
漢ノ軍師中郎将諸葛亮ショカツリョウ、書ヲ大都督公瑾コウキン(周瑜)先生ノ麾下キカニ致ス。
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
——孟獲、旗ノ下に、捲毛ケンモウ赤兎セキトノ馬ヲオドラセ、カシラ羽毛ウモウ宝玉冠ホウギョッカンヲ載キ、身に瓔珞ヨウラク紅錦コウキンノ袍ヲ着、腰ニ碾玉テンギョクノ獅子帯ヲ掛ケ、脚ニ鷹嘴ヨウシ抹緑マツリョクノ靴ヲ穿ウガツ。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)