“ゑぎぬ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
絵絹66.7%
画絹33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
崋山は書斎に通ると、果してかう云つた。見れば風呂敷包みの外にも紙に巻いた絵絹ゑぎぬらしいものを持つてゐる。
戯作三昧 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
西山氏は早速画室に閉ぢ籠つた。そしてきさしの絵絹ゑぎぬをそこらにおつり出したまゝ、鏡と首つ引きで、眼をむいてみたり、小鼻を膨らませてみたりした。
あゝした不折氏の書も世間には好きな人があると見えて、ちよいちよい画絹ゑぎぬや画箋紙を持つてそれを頼みに出掛けるのがある。